LDKのメリット、DKのメリットとは何?

アパートや賃貸マンションで、間取りを表示する際に使われる「LDK」や「DK」。「LDK」は、「リビング・ダイニング・キッチン」の3つの空間を取り揃えた部屋のことを、「DK」はLDKからリビングを抜いた「ダイニング・キッチン」を意味しています。

どちらの間取りがフィットするのかは、家族構成やライフスタイルによってバラバラです。家族で理想の生活スタイルについてちゃんと話し合った上でセレクトしてください。

LDKのメリット

明るく開放的な多機能空間に

「限られたスペースを広く開放的に使いたい」という場合においては、「LDKタイプ」の物件をおすすめしたいと思います。

ひとつの空間にリビング・ダイニング・キッチンの機能をあわせ持った多機能空間として、居室をフレキシブルに使うことが可能です。また、区切りが無いため、広々とした雰囲気の空間が演出できます。

家族団らんの機会が増える

LDKには、リビング・ダイニング・キッチンが一緒にあるため、お母さんがキッチンに、お父さんはダイニングに、子供たちはリビングにという風に、家族が集いやすく、団らんの機会が増えます。

また、生活スタイルが違う家族の場合にも、家族間のコミュニケーションが取りやすくなることも、ビッグサイズのメリットと言えます。

来客時のおもてなしにも対応

リビングは、お客様を迎える場所でもあります。リビングやダイニング、キッチンが一体になっているLDKは、スペースを広く使えるため開放感が生まれ、お客様にリラックスした状態で過ごしてもらうことができます。

また、ホームパーティーの際にも、調理や後片付けをしながらお客様にも対応することができ、コミュニケーションの輪が広がります。

DKのメリット
LDKと比べて家賃がお得

近年は「LDKタイプ」の間取りが主流となりつつありますが、築年数の経過した物件には、「DKタイプ」の物もよく見かけます。「DKタイプ」の場合、「LDKタイプ」と比べて比較的家賃が低く設定されている場合が多く、経済性を重視したい方におすすめです。

プライベートスペースを確保できる

起床や帰宅など、家族の生活時間が大きく相違している時点においては、各自の安息の時間を大切にするため、部屋ごとの役割が明らかに分かれている「DKタイプ」の物件を選ぶと間違いないでしょう。

家族が集まり、団らんする場所を得たいという場合には、ダイニングや和室をリビング代わりに使えるようにするなど、プランニングすると間違いないでしょう。

東京や名古屋のデザイナーズマンションは、特に綺麗なのでおすすめです。

「LDKのメリット、DKのメリットとは何?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です